お知らせ

新着情報

開催趣旨

山梨県では、文化芸術振興による豊かな地域社会の実現を目指し、2021年新たな公募展『やまなしメディア芸術アワード』を開催します。

この公募展は、高い表現力や想像力あるいは高度なデジタル技術の技能を有する芸術家や表現者を育成・発掘することを目的としており、現在も続く地球規模のパンデミックを乗り越えて、『生きる』という総合的なテーマを掲げています。

山梨県の自然環境や風土に深く根差し、地球環境保護や未来志向の地域デザインをも見据えてテクノロジーの位置づけやあり方を問うべく、デジタル技術と柔軟な創造性が発揮された作品が寄せられることを期待しております。

本事業の開催を契機に、本県がメディア芸術・文化の発信拠点となり、さまざまな表現や活動の国内外への発信、芸術家や表現者の育成、さらには芸術家や表現者・企業・大学等との連携や他の芸術分野との協働による新たな価値や技術の創造につなげていきたいと考えております。

対象作品

対象作品

ウェブ上での閲覧、実行、動作、記録を確認でき、オリジナルなデジタル表現であればジャンルは一切不問です。

先端的なメディアテクノロジーを駆使している作品はもちろんのこと、テクノロジーに批評的な視点を持った作品、これまでの定義では評価し難い挑戦的な作品、これから芸術作品と呼ばれるような新しい表現など、多くの方々の応募をお待ちしております。

例:映像作品ショートムービーを含む、アニメーション、MV、グラフィック、インスタレーション、インタラクティブアート、スライドショー、モーショングラフィックス、ゲーム、スマートフォン、タブレット用アプリ、デジタルガジェット、パフォーマンス、Webデザインなど

作品規定

  • 応募する作品数に制限はありませんが、受賞は1応募者につき1作品までとします。
  • 他のコンテストに応募した作品も応募できます。ただし、当該コンテストにおいて受賞した作品を除きます。
  • 応募者は作品の著作権を有することが必要です。
  • 特記事項を必ずお読みください。

公募概要

募集期間

令和3年7月30日(金)~10月31日(日)17:00 必着日本時間

応募資格

性別、年齢、国籍、個人、グループ、プロ、アマを問いませんが、応募者グループの場合は、すべてのメンバーは募集要項の各条件を満たすこととします。
なお、未成年の方が応募する場合は、保護者の同意の上、応募してください。

応募方法

手順1:作品のアップロード

動画配信サービス、画像の投稿・共有サイト、ご自身のウェブサイト等に応募作品をアップロードしてください。

手順2:フォームからエントリー

やまなしメディア芸術アワードウェブサイトの応募フォームに必要事項作品アップロード先URL等を入力し、送信してください。

■やまなしメディア芸術アワードウェブサイト
URL:https://y-artaward.jp

募集要項

募集要項(PDF)はこちら

注意

  • URLは、アクセスすればダウンロード不要でそのまま閲覧できる状態でアップロードしてください。
  • 限定公開の作品は、パスワード等を本サイト内応募フォームへ送信してください。
  • 審査のため、2022年3月31日までの間は閲覧またはデータ取得可能な状態にしてください。
  • 閲覧できない場合、応募内容に不備ありと判断し、審査の対象外となります。
  • 応募で利用する動画配信サービス、画像の投稿・共有サイト等の利用料金等は自己負担でお願いします。
  • 応募で利用する動画配信サービス、画像の投稿・共有サイト等の利用規約を遵守した上で、応募ください。

審査

審査方法

一次審査
一次審査委員により、やまなしメディア芸術アワードの受賞作品候補及び受賞作品以外に作品展へ展示する作品以下、「入選作品」という。候補を選定します。
二次審査
二次審査委員により、やまなしメディア芸術アワードの受賞作品及び入選作品を決定します。

審査委員

一次審査委員

井坂 健一郎
山梨大学大学院教授、美術家
多田 朱利
株式会社レイスリー代表、アーティスト、やまなし大使
角田 純
画家、アートディレクター
平本 宗一郎
ソラプラピクチャーズ合同会社代表、映像ディレクター
レーズン
ビデオディレクター、ゲームディレクター
和田 信太郎
東京藝術大学大学院映像研究科助教、メディアディレクター

二次審査委員

青柳 正規
山梨県立美術館館長、多摩美術大学理事長、元文化庁長官
関口 敦仁
美術作家、愛知県立芸術大学教授、芸術資料館長
井坂 健一郎
山梨大学大学院教授、美術家
藪前 知子
東京都現代美術館学芸員
長谷川 愛
アーティスト、デザイナー
シシヤマザキ
アーティスト

審査基準

  • 独創性の高い企画や清新な表現に相応しいメディアやテクノロジーを用いているか
  • 新しいことにチャレンジする姿勢が感じられるか
  • テクノロジーをめぐって批評性やメッセージ性を持っているか
  • 既存のジャンルや分野を超えて、未来への大胆な提案が作品として結実しているか
  • ユニークな発想や工夫で驚きや発見をあたえているか

表彰

賞状・副賞

最優秀賞、優秀賞及び奨励賞の受賞者には、それぞれ賞状、副賞が贈られます。

Y-GOLD(最優秀賞)
賞状、副賞50万円(1点)
Y-SILVER(優秀賞)
賞状、副賞20万円(2点)
Y-BRONZE(奨励賞※)
賞状、副賞10万円(2点)

受賞発表

日時
令和3年12月下旬予定
詳細な発表日時につきましては、後日、本サイトにて掲載します。
形式
■やまなしメディア芸術アワードウェブサイト
URL
https://y-artaward.jp/

表彰式

開催日時
令和4年2月初旬予定順次発表
開催場所
後日案内

作品展受賞作品及び入選作品

開催期間
令和4年2月初旬予定順次発表
展示会場
山梨県立美術館県民ギャラリー他
展示作品
  • 受賞作品及び入選作品
  • 展示方法の詳細については、受賞者及び入選者と相談の上、決定いたします。
  • 受賞作品等を作品展に出展する際の展示に使用する機材は、基本的に事務局で用意しますが、事務局で用意できない特殊な機材やプログラムなどについては、応募者ご自身でご用意いただきます。

特記事項

作品の応募について

作品について

著作権について

肖像権について

個人情報について

やまなしメディア芸術アワードで収集する個人情報については、応募者の個人情報保護の考え方を以下の通り定め、これを遵守することにより、個人情報の漏洩、流用、改ざん等の防止に適切な対策を講じます。

その他

主催

山梨県

応募先・問い合わせ先

山梨県 観光文化部 文化振興・文化財課

所在地
〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1
電話番号
055-223-1790
E-MAIL
y-artaward@pref.yamanashi.lg.jp

■やまなしメディア芸術アワードウェブサイト

URL
https://y-artaward.jp/
ENTRY作品を応募する